普段使う印鑑について、もっと知ろう。

印鑑の中で最も重要な実印

実印は印鑑の中で最も重要で、法律上、社会上の権利と義務が生じます。
その為実印を押す契約においては、必ず自分でしっかり目を通し理解し納得したうえで押すようにしましょう。
例えば親しい友人間の書類だからといって、確認もせず印を押してしまうと、後になってその書類が保証人契約で友人は支払えず保証人の自分が支払わなくてはならなくなってしまった場合、拒否していても契約は成立してしまっているので拒否することはできません。
それほど絶大な効力をもっているのです。
その他にも実印を登録する場合、三文判のような安価で大量生産されている印鑑で登録することは大変危険な行為です。
大量生産されている物は、同じ店舗で購入すると印影が同型の場合があり、それが第三者に知られてしまうと犯罪など悪用されてしまう事があります。
防犯の意味も兼ねて安価なものを購入するのではなく、かといって何万もしてしまう高価なものではなく、手掘りや書体が変わった印鑑にするなど同型のものが出来にくいものを購入されることをオススメします。

印鑑登録をしているものが実印です

印鑑を使うことは日常的にありますが、実印とはどのようなものでしょうか。
実は非常に大切な役割を果たしています。
例えば家を購入するとき、売るときや、遺産相続、公正証書の作成時に実印の捺印が必要です。
大きな金額が動くときに必要になることが多いので、保管には注意が必要です。
高価なものである必要はありませんが、偽造しにくいようにお店の人と相談したり、工夫したほうが良いでしょう。
実印と認められるためにはお住まいの市町村や自治体に登録をします。
これを印鑑登録といいます。
基本的には苗字と名前を縦、横などに組み合わせたり、様々な字体も選ぶことができますので、その中で自分の気に入ったものを選ぶとよいでしょう。
必ずしも苗字、名前が全て含まれている必要はなく、例えば女性で苗字が将来的に変わるかもしれない人や、男性でも養子に入る、などの可能性があれば名前のみで作成しておくことにより、仮に苗字が変更になったとしても印鑑登録を変更し、新しいものを作らなくても問題ありません。


ページTOP▲