普段使う印鑑について、もっと知ろう。

印鑑にイラストを入れてみましょう

印鑑には、認印、銀行の届け出印、役所に届けるものなど、様々なものがあります。
より機密性が高い用途で使うものほど、まねされにくい個性的なデザインにする必要があります。
昔からハンコ職人がいて、郵送や店頭で受け付けるなどして、複雑な字体の様々なタイプのはんこを特注で作ってくれます。
ここ最近では、銀行でも使えるイラスト入りのはんこも登場しました。
ご当地キャラや動物柄、家紋や都道府県の形からはじめ、アニメのキャラクターの顔入りのもの、さらには店舗によってはハンコ職人のオリジナルの絵柄のものもあります。
イラスト入り印鑑については、近くに店舗があるお店を知っているなら簡単ですが、そうでないのであれば、インターネット上で検索してみるといいでしょう。
最近では様々なお店がウェブサイト上で注文を受け付けていて、インターネット上で字体や配置などについての細かい指示などを出せるサイトもあり、中には自分の書いたイラストをハンコにすることもできるサイトもあって、たいへん便利です。

次世代の印鑑と呼べるイラスト印鑑の質が高い

印鑑と言えば、自分や会社の名前をイメージすることがほとんどです。
役所に登録をすることで、法律的な効力を持ちますし、ビジネスで使うことも多々あります。
株券や有価証券、自動車売買などを行う時に必ず必要となるものですし、そういう意味では堅苦しいイメージを持っていると言わざるを得ません。
しかし、技術的には名前以外のものを作ることは難しくないわけで、実際にイラスト形式の印鑑が話題になっています。
日々の生活で、ちょっとしたイラストというのは心を和ませる意味で大きな役割を果たします。
そういう意味では、イラスト形式の印鑑というのは大きな需要を持っているのかもしれません。
インターネットで検索すると、注文を受け付けている会社も見つけることができますし、費用もそれほど高くありません。
オリジナルのデザインで作ることもできるようになっているので、その楽しみ方はまだまだ広がりそうです。
アナログのイメージが強いですが、画像データで入稿が可能だったり、デジタルとの相性も注目したい所です。


ページTOP▲